自宅の庭を綺麗に整備したい|砂利を敷いて見た目も美しくできます

親子

間引きをする

シニアと子供

森林などで不要になる部分の樹木を伐採することを、間伐といいます。この時伐採される樹木は、森林では不要となりますが、実際は加工して小物などに活用する部分もあります。

Read More

庭木の伐採

植物

一戸建ての住宅などに住む人は、庭の整備や伐採といった作業もメンテナンスの内です。中には便利に利用出来る伐採業者などがおり、インターネットなどで探してみると、様々な業者がいる事がわかります。

Read More

庭に砂利を敷いて綺麗に

じょうろ

家の庭に砂利を敷きたいと思っても、どのくらいの量が必要なのか、ただ敷くだけで良いのかと、様々な悩みが出てきます。庭に購入してきた砂利を敷くだけでは、後からのメンテナンスが大変になります。さらに、広い庭を所有しているお宅だと、その砂利の量はかなりのものになってしまいます。小さなお庭なら、自分で購入してきても庭に砂利を敷くことはできるでしょう。自分で庭に砂利を敷く時は、まず敷きたい場所の計測をしましょう。縦×横=平米数で計算ができます。1平米50~70kgの砂利が必要となります。地面からの厚みは4cm程です。粒が小さい砂利なら、地面から2、3cmの厚みでも地肌は見えません。しかし、横に敷くための量は必要になってきます。粒が3、4cmの大きな砂利を敷く時は、厚みがないと砂利の隙間から地面が見えてしまうので、敷く厚みは4cm程と考えるといいでしょう。庭の地面が土で、雑草が生えている場合はしっかりと根本まで抜くことが重要です。雑草を抜き、転圧や踏み固めをします。転圧は、土砂などに力を加えることで空気や水を押し出すことで、地面の密度を高めることができます。踏み固めも、表面を平にすることで砂利を敷いた時も均等にすることができます。転圧や踏み固めを行わないと、庭に砂利を敷いた時に地面がデコボコになってしまう場合があるので注意しましょう。それらの工程を経て、庭に砂利を敷くことができます。自分で行なうことが難しい場合は、専門業者があるので、作業を依頼するといいでしょう。

排除方法について

庭と芝刈り機

体に負担がかからないように、草刈り機を使用して雑草を排除しましょう。しかし、使用する時は、慎重に気をつけながら行ってください。また、その他にも草刈り方法をご紹介しているので確認してください。

Read More